渋谷駅前のんべい横丁酒処「水車」
おかげさまで創業48年。銘酒と心づくしのお料理を用意してお待ちしています
プロフィール

suisha

Author:suisha
酒処「水車」へようこそ!
03-3407-3694



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第46回 大空襲で学んだ避難の大切さ
 相変わらず地震は多いですね。

 お店にいて地震が起きたときは、まず戸を開けます。
 そして、線路の下のトンネルの入り口の手前あたりに逃げるようにしています。地震など何か起きたときには、安全な逃げる場所を前もって考えておくことが必要だと思っております。

 3.11の際にあるおばあさんが、地震が来たから「すぐ津波が来るから逃げよう」と言ったそうですが、周りの人たちは「大丈夫だよ」と言って逃げ後れてしまったという話を聞きました。

 私は大空襲のときに、近所のおばさんと彼女の子供二人を連れて一緒に逃げて助かった経験があります。火がそこまで追いかけて来ていたときです。
 おばさんと二人の子供が力尽きて座り込み、逃げることを諦めかけて「先に逃げて」と言われたときに「私が二人を連れていくから一緒に逃げましょう」とおばさんに声をかけました。すると、おばさんは我に返ったので、私は子供たちを連れて一緒に逃げました。

 そのときの状況と経験から、とっさに判断して逃げた方向も良く助かりました。私もくじけていたら、きっと死んでいたことでしょう。

 津波が来ると言ったおばあさんも経験をしていると思います。知っている人たちの言うことを聞くことが大切です。

 そして「逃げること」が大切で、必要です。何か起こったときに、今の若い人たちには逃げることの大切さを知ってもらいたいと思っています。同時に助け合いも必要です。

 ただ、アルバイトの方たちには、地震が起きたときには自分だけでもいいから逃げて、と教えています。また、通りで地震に合った場合には、一番しっかりしたビルに入り込み、様子をみながら逃げなさい、と教えています。

 普段から、そういった知識を持っていることが大切です。
 適切な場所に避難をすることです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://suisha.blog66.fc2.com/tb.php/149-fb9ef20b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。