渋谷駅前のんべい横丁酒処「水車」
おかげさまで創業48年。銘酒と心づくしのお料理を用意してお待ちしています
プロフィール

suisha

Author:suisha
酒処「水車」へようこそ!
03-3407-3694



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第27回 終戦の日を迎えて
 昭和20年8月15日。
 この日は太平洋戦争が終わった日です。
 正午12時に国民がラジオの前に集まり、昭和天皇の録音放送を聞きました。

 私が15歳のときでした。私たち家族は、世田谷区瀬田にいたのですが、家族全員がラジオに耳を傾けていました。その間、沈黙が続きました。

 私は、父や伯母に「どうしたの?」と聞きました。「日本は負けたのよ」、と伯母が一言だけ言いました。

 父も伯母も黙ったままで、1日沈黙が続きました。その後の日本人のことを考えたのしょう。娘たちは外国人にいたずらをされるのではないか、男たちは殺されるのではないか、と考えたのだと思います。テレビもない時代ですから、これから先のことが全く分からず、いいようには想像できなかったのは当然かもしれません。

 この日は、無言で時間が過ぎていったのを覚えています。その後、実際は、アメリカ人の皆さんは親切で、私は嫌な思いはしたことはありませんでしたが、あの終戦の日を迎えて、大人たちはみんな先の見えない不安に襲われていた、ということだけは確かでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://suisha.blog66.fc2.com/tb.php/119-70b6f31c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。