渋谷駅前のんべい横丁酒処「水車」
おかげさまで創業48年。銘酒と心づくしのお料理を用意してお待ちしています
プロフィール

suisha

Author:suisha
酒処「水車」へようこそ!
03-3407-3694



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第21回 戦争をずっと引きずっていた兄
 昭和2年生まれの兄は、特攻隊に志願して命を捧げる覚悟でいましたが、父に反対されその夢が断たれてからはヒロポンに頼り、その後はアルコールに頼るようになってしまいました。

 米穀商をしていた父は、事務を手伝ってくれていた店の向かいの家の三田さんの娘さんを兄のお嫁さんにしようと思っていたようなのですが、アルコール漬けの兄を見て兄に言うことさえも諦めたようです。家族同然のように親しくしていた、昭和女子大出のとても品の良いお嬢さんでした。父は財産を投げうっても一緒にさせたいと思っていたようでした。
後になって私は父からこの話を聞き、このことを兄に言っていたら少しは違っていたのではないか、と思いました。

 兄は、別の女性と一緒になりたかったようなのですが、父の反対もあって上手くいかず、結局、生涯独身を通しました。

 兄は、アルコール依存症でした。
 当時、私が付き合っていた彼のお兄さんが、慶應義塾大学の特待生で医学部を卒業し、内科の先生をされていました。「まだ若いのだからお兄さんを治してあげなさい」と言ってくださり、慶應義塾大学病院の先生を紹介してくれました。兄が33歳のときでした。

 診断していただくと、すぐ入院したほうがいいと判断され、その日のうちに八王子にあった聖跡桜丘保養院へハイヤーで送っていただきました。当時その病院は、慶應義塾大学医学部の診療スタッフが派遣されていたようで、今でもアルコール専門外来があるそうです。

 とても真面目な兄でしたので、入院中は治療に専念してすぐに退院できました。しかし、退院するとその帰りにアルコールを飲んでしまい、入退院をずっと繰り返していました。

 そんな兄も、昭和49年に父が亡くなったとき、ピタッとお酒を止めました。思うところがあったのだと思います。

 その後は、いろいろなことに興味を持ち、趣味に生きる人になりました。写真や彫刻、パチンコなどにも夢中になりましたが、お酒を飲むよりはいいのではないかと思いました。

 当時、主治医の先生がアルコール中毒から立ち直れる人は、2万人中1人だと言っていましたから、本人も喜んでいたようです。

 平成10年の1月、70歳で兄は亡くなりました。アルコールに依存し、お酒を飲んでは暴れていた兄でしたが、亡くなったときは、悲しくて悲しくて仕方ありませんでした。

 兄は、戦争をずっと引きずっていた苦労の人生でしたが、最後の23年ほどは立ち直れて本当に良かったと思っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://suisha.blog66.fc2.com/tb.php/112-c4c919a6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。