渋谷駅前のんべい横丁酒処「水車」
おかげさまで創業48年。銘酒と心づくしのお料理を用意してお待ちしています
プロフィール

suisha

Author:suisha
酒処「水車」へようこそ!
03-3407-3694



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第17回 父の看病をしながら小料理屋で働く日々
 池袋にいた頃は、お金を兄や弟の里親に都合していて、なかなか貯まらなかったので、夢のために池袋から渋谷に来て、旅館で働くことにしました。

 渋谷の旅館で働いているとき、父が病気で倒れ、吐血しました。洗面器一杯の血を吐いたと、兄がお店まで飛んで来たので、すぐに帰りました。十二指腸潰瘍でした。父の面倒を見なければいけないので旅館はやめて小料理屋で働くことにしました。昼間は父の世話をして、夕方から終電まで小料理屋で働くといった毎日でした。

 あるお店では、15時頃にお店の上にあるママの家で洗濯をしたり掃除をしてから、お店の準備をしたものです。もちろん当時は洗濯機などない時代ですから、たらいで手洗いです。
それでも「いずれ店を出したい」という目標があったので、苦にはなりませんでした。

 旅館では住み込みで足掛け3年働きました。一生懸命に働いて、お金も残しました。その後、通いで小料理屋で働き、現在のお店を持つまで3軒くらいのお店でお世話になりました。

 旅館はお給料制でしたが、小料理屋では当時いくら働いても1日250円くらいにしかなりませんでした。今でいうと、3500円くらいでしょうか。ただ、有難いことにご贔屓のお客さんも多く、よくご祝儀を頂きました。手元に残った僅かなお金を貯めて、着物を買ったり髪を結ったりしていました。

 父は、倒れた後に手術をすると元気になって働けるようになりましたが、その後も身のまわりのお世話などは、父が亡くなるまでしていました。
 夢も諦めていませんでしたが、父を助けたいという一心でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://suisha.blog66.fc2.com/tb.php/108-ea95e8c9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。