渋谷駅前のんべい横丁酒処「水車」
おかげさまで創業48年。銘酒と心づくしのお料理を用意してお待ちしています
プロフィール

suisha

Author:suisha
酒処「水車」へようこそ!
03-3407-3694



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第49回 戦後70年を振り返って
 「戦争とは、何か?」。それは人を不幸にするものです。
戦後、どこの家庭も普通ではありませんでした。それが、どういう意味かと言えば、戦争のおかげで何もかもうまくいかず、結果として「波瀾万丈の生き方」になってしまったという事です。

生活が180度変わってしまいました

 終戦になり、たくさんのアメリカの人たちが日本に来ていました。よい就職口といえば、PXやメイドでした、英会話が必要でした。
私は、父に学費を出してもらい英会話の学校に行きました。洋裁を習いたくて、渋谷の実践女学校へも行きました。
何も出来ないと誰も使ってはくれません。この時代は誰もが、働き口を探して、いろいろ努力をしていたと思います。

つまり、食べて行くために、何とか身を立てようと必死でした。私もいろいろな習い事をしましたが、20歳そこそこの娘が、そう簡単に上手く行くはずもありません。
英会話や洋裁、何もやっても専念できませんでした。父には大変迷惑をかけました。

洋裁の学校へ通っていた時に、材料を買いに池袋に行き、ある人との出会いもありました。けれど、恋をするにも、どうすることも出来ない時代でした。つまり、「時代が、移り変る」ときでした。終戦後どう生きるかによって、人生がスッカリ変わる時代でした。

戦争は人の人生を変えてしまいます

戦後、働かざるを得なくなり、また、家にいることも出来ずに、昭和24年の8月に私は家を出ることを決意しました。
ここから、私の波乱万丈の人生が始まりました。
私は、今でも戦争を引きずっています。戦争が起こったことによって、人生が変わってしまったということです。戦争を経験した人は誰でも、戦争を引きずっているのではないでしょうか。男性は、いくら学歴があってもなかなか職に有り付けない時代でした。

親戚やご先祖様に守られた人生でもありました

ただ、私の場合は、守られていたことも事実です。
若くして家を出たこともあって、親戚の皆さんが陰で見守ってくれました。
働き出して、落ち着いた先は池袋でした。母の実家も近く、良く知っている土地でしたし、ある人との出会いもきっかけでした。
あとでわかったことなのですが、親戚が近い所に住んでいたこともあり、叔父さんたちが陰で見守ってくれていたのです。

先日の渋谷新聞では、池袋で一番だった、と書いて頂きましたが、守られていたからこそ、一番だったと思っています。

戦争になり、戦後は、人生がスッカリ変わってしまいましたが、親戚やご先祖様のお陰で不思議と守られていたと思います。改めて、親戚やご先祖様に感謝しています。

そして、改めて「戦争は、人生をガラリと変えてしまう」という事と、その後の人生、「一生、戦争を引きずって行く」という事を日本の歴史とともに知ってほしいと思います。

来月8月15日は終戦記念日です

男性は、16歳頃から特攻隊に志願したり、46、47歳くらいまでの方は皆戦争へ行きました。父は米穀商(米屋のことを当時はそう呼びました)をしていましたが、「在郷軍人」と呼ばれ、お国のために日本に残って働きました。
当時私は15歳でした。戦火のなか、近所の子供たちを連れて逃げた時のことや、やっと逃げた避難場所の小松川の学校の講堂で、「東京が全滅だ」と聞いたときに「父は無事だろうか」と心配で心配で寝れませんでした。
父が、2日間私のことを東京中の避難場所を探し続けて、やっと会えたときのことが今も鮮やかによみがえります。遠くの方に、一緒に逃げた人のご家族と父の姿が見えたとき、「あぁ、お父さんが生きていた」と、泣くほど嬉しかったことをよく覚えています。

来月の8月15日で戦後70年ですが、今でも昨日のことのように思い出します。歴史は繰り返す、と言われますが、二度とこんな歴史は繰り返してほしくないと思っています。

今の人は、選挙権があって自由でいいですね。昭和20年12月に女性にも選挙権が与えられましたが、戦前・戦中は、選挙へ行きたくても女性には選挙権がありませんでした。選挙権を大切にして、どうか選挙へ行って下さい。

仕事にしろ、恋愛にしろ、大変なことが多い時代でした。私は、戦後、家出をして苦労した人生を送りましたが、良いこともありました。本当に立派な方にめぐり合えたことです。34年間お付き合いをしていて、結婚も申し込まれました。彼に出会えたことは幸せだったと思います。

今は亡き人ですが、私が現在あるのは、陰で支えて下さった彼のおかげだと思っています。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。